naoExecMacroOnEvent Plugin

はじめに

naoExecMacroOnEventは、EmEditorのプラグインです。

naoExecMacroOnEventを導入すると、EmEditor使用時に発生するさまざまなイベントに対して、マイマクロを関連付けることができます。関連付けしたマクロはそれぞれのイベントが発生した際に、自動的に実行されます。

このプラグインの提供する機能は非常に「単純なモノ」ですが、その使い方によっては、EmEditorを「簡単な手続き」で非常に「便利なモノ」にカスタマイズすることできます。

ただし、その反面、簡単な手続きで「(ある意味)危険な機能を組み込むコト」もできます。『使用にあたって注意すること』をよく読んでから使ってください。

スクリーンショット

機能

関連付けられるイベントの一覧

以下の12個のイベントにマクロを関連付けられます。

$$ EVENT_SEL_CHANGED テキストの選択状態が変更された時

$$ EVENT_CARET_MOVED カーソル位置が移動した時

$$ EVENT_MODIFIED 更新状態が変更された時

$$ EVENT_SCROLL スクロールバーの位置が変更された時

EVENT_CONFIG_CHANGED 現在の設定のプロパティが変更された時

$$ EVENT_CHANGE テキストの内容が変更された時

EVENT_CREATE EmEditorが起動した直後とプラグインを追加した時

EVENT_CLOSE EmEditorが終了する直前とプラグインが開放された時

EVENT_KILL_FOCUS フォーカスを失った時

EVENT_SET_FOCUS フォーカスを取得した時

$$ EVENT_CHAR 文字が挿入された時

EVENT_FILE_OPENED ファイルを開いた直後

先頭に$$を記載しているイベントは、頻繁に発生する性質のものであるため、マクロの関連付け操作を行う際に、問い合わせを行います。

!!使用にあたって注意すること!!

以下に注意点を列挙します。

以上、悪い面ばかり書き連ねましたが、良い面は非常に強力ですので、有益に使って頂ければと思います。

インストールの仕方

naoExecMacroOnEvent.dllをEmEditorのPlugInsフォルダ(通常、C:\Program Files\EmEditor\PlugIns)にコピーするだけです。

なお、naoExecMacroOnEvent.txtもコピーしておくことをお奨めします。

本プラグインではレジストリの以下の場所を記憶領域として使用します。 HKEY_CURRENT_USER\Software\EmSoft\EmEditorPlugIns\nao4u\naoExecMacroOnEvent

アンインストール

EmEditor標準の「アンインストール」機能を使用してください。

「ツール」−「プラグイン」−「プラグインの設定」ダイアログで、naoExecMacroOnEventを選択し、「アンインストール」をクリックしてください。

naoExecMacroOnEventで利用したレジストリ領域を削除することができます。

動作環境

基本的にEmEditorの動作環境に準じます。

ただし、作者が外国語が苦手なので日本語版Windowsのみが対象です。

ダウンロード

現在のバージョン Ver1.00 (2004/05/19)

サポート

作者へメール(2nd@nao4u.com)するか、サポート掲示板をご利用ください。

掲載一覧

変更履歴

Ver 1.00 - 2004/05/19

Ver 0.99a - 2004/02/22